So-net無料ブログ作成

浅野史郎vs高須クリニック院長 名誉棄損で訴える?何があった? [男性芸能人]

Twitterをにぎわしている!

高須院長、ミヤネ屋出演の浅野史郎氏に激怒「明日中にお詫びがなければ提訴」

話題は、民進党の大西健介議員を高須院長が名誉毀損で訴えた第一回口頭弁論でのこと

口頭弁論で言ったことが、名誉棄損に当たらないと浅野史郎が発言したことが発端となった。

20160905-OHT1I50067-T.jpg

浅野史郎と言えば、

生年月日 1948年2月8日(69歳)
出生地 岩手県大船渡市
出身校 東京大学法学部
前職 国家公務員(厚生省)
現職 神奈川大学特別招聘教授
所属政党 無所属
公式サイト 浅野史郎 「夢らいん」



そこで、名誉毀損とはどのようなものなのか?調べてみた。

名誉棄損とは他人の名誉を傷つける行為。

ある弁護士が解説をしているサイトに書かれたあるのは、
例えば、雑誌、新聞紙などの記事や、インターネット上の書き込みで名誉を傷つける場合、不特定または多数人が閲覧し得るものなので、具体的な事実が書いてあれば名誉棄損が成立し得ます。


浅野史郎vs高須クリニック院長 名誉棄損で訴える?何があった?

高須クリニック院長は、「明日中にお詫びがなければ提訴」すると激怒しているらしい。


そもそもの始まりは、

民進党の大西健介議員にCMを「陳腐」と言われ、名誉を毀損(きそん)されたとして、美容外科「高須クリニック」を運営する医療法人が、大西議員と民進党、蓮舫代表、国に1千万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求めた訴訟

エステ店が系列の美容外科に顧客を引き渡す悪徳ビジネスが誇大広告

その発言の中で、
「皆さんよくご存じの『イエス○○(まるまる)クリニック』みたいに」と発言した。


これが、高須クリニック院長の逆鱗に触れたのだった。

この口頭弁論では、
被告らは、本日の答弁で、原告が主張する名誉毀損が成立せず、原告の主張が認められないことを詳細に明らかにした。このため、本件では、被告ら勝訴の判決が早期に下されるものと確信している。




スポンサーリンク






スポンサーリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。