So-net無料ブログ作成

備中松山城へのアクセス案内 伯備線備中高梁駅下車 [お城]

備中松山城
備中松山城⑤.jpg

岡山駅
 |
伯備線 特急八雲 35分
 |
備中高梁駅
 |
バス 10分
 |
運動公園前
 |
徒歩 50分
 |
備中松山城

※備中高梁駅~備中松山城 タクシーで10分

平成22年3月にお城めぐりと称して、父の帰省に付き合った時の写真です。
横浜から、新幹線で姫路。
姫路城を見た後、伯備線に乗って備中松山城を見に行きました。

その日は、岡山で宿泊。

備中高梁駅1.jpg

備中高梁~岡山切符1.jpg

姫路駅~備中高梁切符1.jpg


備中松山城  雲海ツアーに実際に行ってきたよ~!


備中松山城  雲海ツアーに実際に行ってきたよ~! [お城]

備中松山城


備中松山城①.jpg


岡山県高梁市内山下にあった日本の城
別名:高梁城

海抜約430mの臥牛山小松山山頂の本丸へは、
麓の御根小屋から約1,500m、1時間ほどの道のりの山道を経て至る

備中高梁駅1.jpg

伯備線 備中高梁駅

備中松山城④.jpg

備中松山城7.jpg

備中松山城6.jpg

備中松山城⑥.jpg

標高430mの臥牛山頂上付近に建つ天守は、国の重要文化財で、現存天守を持つ山城としては最も高い所にあります。
鎌倉時代、有漢郷(現高梁市有漢町)の地頭秋庭重信が大松山に城を築いたのを起源とし、1683(天和三)年に水谷勝宗によって3年がかりで修築され、今の天守の姿になりました。

この地は山陰と山陽を結び、東西の主要街道も交差する要地であるため、戦国時代は激しい争奪戦が絶えず、目まぐるしく城主交代が繰り返されています。

備中松山城5.jpg

備中松山城⑤.jpg



最新の口コミ

徒歩で登城してみました

バブル評価 5 段階中 42 週間前に口コミを投稿
現存12天守のひとつです
整備されていて美しい姿をとどめています
伯備線・備中高梁駅から徒歩で登城しました

駅前から松山城登山口まで舗装路を15分くらい、そこから登山道にはいります
入口には杖が備えてあるのでお借りした方がよいでしょう(無料)
はじめは緩斜面ですが、だんだんと急な山道になっていきます
途中のふいご峠まで40分以上かかりました
天守まではさらに15分くらいかかります

天守にたどり着いた時にはさすがにバテ気味でしたが達成感があります
自信がない方はふいご峠までバスやタクシーを利用されるのもよいでしょう
(2016年 7月に訪問)

現存天守閣の城

バブル評価 5 段階中 42 週間前に口コミを投稿 モバイル経由
天守制覇のため、ゴールデンウィークに訪問しました。
朝8時に城見橋公園駐車場に到着、数百円払うとバスで登れるが、9時開門のため40分程度歩いて登りました。
城自体は小さいものですが、寒いからなのか中に囲炉裏があること、搦手門からのとんでもない急こう配の道跡を興味深く感じました。
山城ということで水の確保はどうしていたのかが疑問になったがネットで調べると池があるとのことで納得、次行くことがあれば、現存天守の奥にある池と大松山城跡まで行ってみたいです。
(2017年 5月に訪問)



スポンサーリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。