So-net無料ブログ作成

中田久美 「てめえらコノヤロー!」女子バレー監督の若い頃の活躍はすごかった! [女性アスリート]

中田久美

20170708-00000001-wordleafv-04952da94dab57fd8928dffe03c4c873f.jpg

(出典:https://thepage.jp/osaka/detail/20170708-00000001-wordleafv


中田久美
バレーボール全日本女子監督
プレミアリーグ・久光製薬スプリングス前監督

東京都練馬区出身
名前の由来は、誕生日(9月3日生まれ)から

14歳でバレーを始める
史上最年少の15歳(中学3年生)で全日本代表に選出
同年の日中対抗にセンタープレーヤーとして出場

1983年 日本代表でもスタメンセッター
1984年 ロス五輪でも銅メダルを獲得
1988年 ソウル五輪出場
1992年 バルセロナ五輪に出場
    日本女子バレー史上初となる3度目の五輪出場を果たした

1992年11月に一度は現役を引退したが、1995年に現役復帰
2005年 日本バレーボール協会の強化委員を務めた
2008年 イタリアプロリーグセリエA・ヴィチェンツァのコーチに就任
2009年 セリエA・ノヴァーラのアシスタントコーチに就任

2011年9月 久光製薬スプリングスのコーチに就任
2012年7月1日付で監督に就任
    女子チームで初めてとなる3冠を達成

2016年10月25日 バレーボール女子日本代表の監督に選出
    女性監督では生沼スミエに次いで2人目
2017年5月 久光製薬を退部

img_0.jpg

(出典:https://middle-edge.jp/articles/c7DZW


エピソードとしてこんなのがあります。

解説者時代にはテレビの放送中にもかかわらず、はしゃぐ選手たちを「てめえら、コノヤロー」と一喝したことも
ある試合の解説時には、試合内容に憤ったあまり、中継席にあったボールペンをへし折ったこともあるという。










共通テーマ:スポーツ
スポンサーリンク